OS-18 
VUCA時代におけるサプライチェーンデータ利活用のポイント

ポストコロナを迎え、企業活動が再活性化していく中、予測困難となるVUCA環境下を生き抜くには、企業内最適だけでなく、サプライチェーン全体最適の実現が多くの企業において喫緊の課題です。
そしてその舵取りに必要不可欠なERPや業務システムもSaaS化により常に進化し、コンポーザブル化が進行していきます。
そのような中、我々はどのようにデジタルを活用し、データドリブン経営・事業判断を行っていけばよいのでしょうか?
本セミナーでは、DX時代におけるサプライチェーン全体データ利活用のポイントについて解説します。

原 孝平

株式会社テクノスジャパン
第二営業本部
グループ長