OS-04 
「攻めのDX」を実現する予測型データドリブン経営とは

予測困難なビジネス環境において、従来の経営スタイルに難しさを感じている経営者は多く、より客観的、合理的、かつ迅速に意思決定を行うための経営変革が求められています。
その為には、ERPを中心とした社内外の様々なデータを活用し、データに基づく意思決定を行う等、「真のERPの実現」に向けた取り組みが重要となります。
本セッションでは、その取り組みの一環として、AIを活用した将来予測データをもとにDX時代の企業経営を支える予測型データドリブン経営の推進ポイントについてご紹介します。

大田 晃孝

TIS株式会社
ERPコンサルティング営業部
副部長

御園生 靖子

TIS株式会社
エンタープライズサービス推進室
エキスパート